腰痛の対策や改善できるマットレスのおすすめは?硬さや高反発など選び方を徹底解説!

マットレス_腰痛_アイキャッチ

腰痛対策や腰痛を改善できるマットレスのおすすめってなにがいい?種類が多すぎる・・・

腰痛対策や改善できるマットレスは、硬さと高反発とかどれがいいの?よくわからない・・・

腰痛対策や改善できるマットレスの選び方がわからない!自分に合ったマットレスはどれだろう?

このように腰痛対策や改善できるマットレスについて、お悩みの方がいらっしゃると思います。

マットレスは種類がたくさんあるけれど、腰痛対策や腰痛を改善できるマットレスで自分に合っているものを選ぶのは難しいですよね。

そこでこの記事では、腰痛対策や改善できるマットレスのおすすめや選び方をお伝えします!

この記事を読んで、腰痛対策や腰痛を改善できるマットレスのおすすめや硬さや高反発など選び方をマスターしましょう!

ざっくりいうと、、、
  • 腰痛対策や改善できるマットレスは、モットンがおすすめ
  • 腰痛対策や改善できるマットレス以外に、布団やベッド選びも重要
  • 腰痛対策や改善できるマットレスの選び方として、硬さと高反発などを基準とする方法がある

腰痛対策や改善できるマットレスのおすすめは?

マットレス_腰痛_おすすめ
腰痛の対策や改善できるマットレスを必要としている人は、実は日本中でかなり多くいます。

その理由は、人間の体は腰痛が起きやすい構造となっており、腰痛は日本人が訴える痛みの中で最も多い症状だからです。

高齢者だけが抱えている痛みというイメージですが、小学生など若い世代でも腰の痛みを訴えるケースが増えているようです。

そのため人生の3分の1を占める睡眠時に、腰痛対策や改善できる方法をマットレスなど寝具に求めることになります。

腰痛対策や改善できるマットレスとひとくくりにいっても、種類が豊富で自分で選ぼうとしても数が多くて選ぶのに一苦労です。

そこでこちらの章では、腰痛の対策や改善できるマットレスのおすすめを解説させていただきます。

腰痛の対策や改善できる人気マットレス

腰痛対策や改善できるマットレスで重要なのは、体のバランスが崩れず腰の筋肉に負担が集中しないことです。

そのためには、「寝姿勢保持」、「体圧分散」のしっかりしたマットレスが良いとされており、より高いレベルの快適な眠りを実現させます。

  • 「寝姿勢保持」・・・寝ている時に自然な体勢を保つこと
  • 「体圧分散」・・・体にかかる圧力を分散すること

またマットレスには、ポケットコイルマットレス、ボンネルコイルマットレス、ノンコイルマットレスなどスプリングユニット2種類を含めた4種類のマットレスがあります。

マットレスの種類 特長
ボンネルタイプ メリット・・・ほど良い弾力性があり、寝姿勢保持に優れている。
デメリット・・・振動が伝わりやすい。
ポケットコイルタイプ 身体の軽い部分は浅く、重い部分は深く反応し身体にフィットする。
振動が伝わりにくく、体圧分散性に優れ、自然な寝姿勢を保つ。
ノンコイルタイプ 湿気がこもらず、温度による硬度変化も少なく心地よさが得られる。
ウレタンマットレス 体圧分散と寝姿勢保持という相反する性能を1枚の敷き寝具でバランス良く実現。

そこでこちらでは、腰痛に対する評価の高い西川家具、ニトリ、モットンのマットレスで、腰痛対策や改善できるポイントを比較していきます。

西川家具

西川家具のマットレスは、良き敷き寝具の条件である「寝姿勢保持」と「体圧分散」を掲げています。

西川家具の日本睡眠科学研究所と同志社大学のアンチエイジングリサーチセンターが共同開発したマットレス「エアー」シリーズは、睡眠の質が改善されることが科学的に検証されています。

オープンラベルによる試験では、「起床時眠気」、「入眠と睡眠維持」、「疲労回復」の主観評価が優位に改善したと結果が出ています。

特に西川家具のマットレス「エアー」シリーズは、アスリートや企業に選択されており、その実用性や専門性で確かな評価を得ています。

西川家具の「快適な寝心地のポイント」
  1. 自然な寝姿勢をキープする・・・ベース部がしっかり身体を受け止め寝姿勢をキープし、体圧分散で寝返りもスムーズ。
  2. 点で支える・・・多数の凸凹で体圧分散により血行を妨げにくい効果があり、負担軽減。
  3. 優れた通気性・・・ウレタンの通気を促進する構造で湿気や汗を拡散放湿し、お手入れが楽。
  4. 機能xデザイン・・・高い機能性と優れたデザイン性を追求し、国内外で高い評価を受けている。

ニトリ

ニトリのマットレスは、ポケットコイルマットレス・ボンネルコイルマットレス・ノンコイルマットレスを揃えており、コイルやクッション材から理想の寝心地を提供しています。

なかでも「圧縮ポケットコイルマットレス(H20cm シングル)」が一番人気の商品で、点で支えるポケットコイルが体にフィットし、側面は3Dメッシュで通気性が向上しているマットレスです。

値段も約9,000円ほどのお手頃価格なので、おためしでマットレスを試したいという人にもコストパフォーマンスの観点からぴったりのマットレスとなっています。

ニトリの「快適な寝心地のポイント」
  1. 優れた分散性…高密度のコイルで優れた体圧分散を実現し、ポケットコイルが寝姿勢をサポート。
  2. 振動を抑える独立構造・・・各コイルが包まれ独立構造となっており、横揺れや寝返りの振動が伝わりにくい。
  3. 並行配列xメッシュ生地・・・コイル同士の隙間が開き、やわらかな寝心地と通気性が良く湿気対策につながる。

モットン

モットンのマットレスは、腰痛対策に積極的に取り組んでおり、累計販売数10万個超のベストセラーになっています。

自然な寝返りをサポートする反発力と体圧分散に優れており、日本人のための腰痛対策マットレスとなっています。

また体重や好みに合わせて選べる硬さが3種類あり、体重の軽い人から重い人、女性や男性など幅広く自分の好みに合ったマットレスを提供しています。

モットンの「快適な寝心地のポイント」
  • 硬さソフト(140N)・・・45kg以下の方におススメ。
  • 硬さレギュラー(170N)・・・46kg~80㎏の方におススメ。
  • 硬さハード(280N)・・・81㎏以上の方におススメ。

これまで西川家具、ニトリ、モットンの腰痛対策や改善できるマットレスを比較してきましたが、まとめると以下の通りです。

  • 西川家具・・・腰痛対策や改善できる方法を模索とスポーツする人向けマットレス
  • ニトリ・・・腰痛対策や改善できる方法を模索とコスパが気になる人向けマットレス
  • モットン・・・とにかく腰痛対策や改善できる方法を重要視する人向けマットレス

腰痛の対策や改善できるマットレス以外のおすすめは?

マットレス_腰痛_マットレス以外の対策方法
腰痛対策や改善できるマットレスについてお伝えしてきましたが、マットレス以外でのおすすめについて解説させていただきます。

睡眠時にマットレスを使用するほか、布団とベッドにも気を配ることが必要です。

せっかく腰痛対策や改善できるマットレスを選んだのに、布団やベッドが原因で寝姿勢を保持できなかったり、体に負担がかかってしまっては意味がないと言えます。

そのためマットレスの機能を妨げない布団とベッドを使用することで最高のパフォーマンスの睡眠を手に入れることができます。

もしも自分にぴったりのマットレスを選んでいるのに、腰痛対策や改善ができていない場合は布団やベッドの見直しを検討すると良いでしょう。

また布団やベッドだけでなく、そのマットレスを使う人数も重要です。

例えば一人で寝るには問題がないですが、夫婦など二人でマットレスを使用する場合はダブルを購入すると思います。

同性同士で寝ることは少ないため男女でダブルを使う場合、問題となるのが体重差です。

体重とマットレスの硬さは腰痛対策や改善できる方法として重要視すべき問題です。

そのため体重差のある男女でダブルを使うとどちらかまたは両者が腰痛に悩まされることになります。

その場合に解決する方法としては、それぞれの体重に合った硬さのシングルマットレスを購入することが良いでしょう。

腰痛対策や改善できるマットレスの硬さや高反発など選び方を徹底解説!

マットレス_腰痛_選び方腰痛対策や改善できるマットレスのおすすめについてご説明させていただきました。

寝姿勢保持や体圧分散など各メーカーによって、どういった人に向けて考えて作られているか、ということが理解できたのではないでしょうか。

こちらの章では、腰痛対策や改善できるマットレスの選び方で、硬さや高反発などを基準にした方法について解説させていただきます。

腰痛対策や改善できるマットレスの硬さの選び方

腰痛対策や改善できるマットレスの選び方として、硬さを基準とする方法があります。

硬さの数値はニュートンという単位であらわされ、低反発は75ニュートン未満から高反発は110ニュートン以上とされています。

マットレスの硬さを決めるのは素材で、主に5種類あり、種類によって寝心地も変わります。

マットレスの素材 特長
コイル(ボンネル・ポケット) ゆるやかなフィット感と体圧分散力に優れ、振動が響きにくい。
スプリング 寝心地は硬めで、反発力や耐久性に優れている。
ウレタン 体圧分散や反発力に優れ、腰回りをしっかりサポートする素材。
ファイバー かなり硬い寝心地ですが、通気性が高く洗うことができ衛生面で優れている。
ラテックス 反発力は高く、通気性は良くありませんが、ダニやハウスダストが発生しにくい素材です。

これらのことからマットレスの硬さを基準にする場合、ニュートン値と素材をポイントとして選ぶ方法が良いとされています。

腰痛対策や改善できるマットレスの高反発の選び方

腰痛対策や改善できるマットレスの選び方として、高反発を基準とする方法があります。

マットレスの硬さを基準にする項で述べました通り、低反発と高反発の値はニュートンで決定します。

マットレスには超低反発と超高反発の基準がありますが、腰痛対策や改善できるマットレスの選び方としては選択しない方がよいです。

理由は超低反発ですと柔らかすぎて寝返りを打ちにくくなりますし、超高反発ですとマットレスと腰の間に隙間ができて寝姿勢が保持されない状態となるからです。

寝姿勢保持や寝返りを打ちにくくなると腰痛の原因につながります。

そのため低反発75ニュートン~高反発110ニュートンの間で、自分の体重にあったマットレスの反発力を選ぶことが重要となってきます。

そういった点からも腰痛対策や改善できるマットレスのおすすめの項で説明したとおり、3種類の硬さから選べるモットンが腰痛が気になる人に合っているメーカーといえるでしょう。

腰痛対策や改善できるマットレスのおすすめは?まとめ!

こちらの記事では、腰痛対策や改善できるマットレスのおすすめについて解説させていただきました。

腰痛対策や改善できるマットレスで高い評価を受けている西川家具、ニトリ、モットンでは、それぞれ狙っているターゲットがあり、それぞれ腰痛が気になる人とスポーツやコストパフォーマンスが高いという売りがありました。

特にモットンでは、腰痛が気になる人をもっとも重要視しているため、腰痛対策や改善できるマットレスを探している人向けであると考えられます。

腰痛でお悩みの人は今回の記事で紹介したマットレスを購入し、快適な睡眠ライフを手に入れてみてくださいね。

腰痛対策や改善できるマットレスのおすすめは?まとめ
  • 腰痛対策や改善できるマットレスは、モットンがおすすめ
  • 腰痛対策や改善できるマットレス以外に、布団やベッド選びも重要
  • 腰痛対策や改善できるマットレスの選び方として、硬さと高反発などを基準とする方法がある